介護保険サービス事業者の旅客運送業許可のページへ
介護保険サービス事業者の
一般乗用旅客自動車運送業
チェックシート
TOP
古川事務所
T.『人』・・・組織体制及び人員
1.運行管理責任者が確保できているか?
  ※5両未満の場合(資格要件は無し)
  ※5両以上の場合は資格を満たす運行管理者が必要 →【必要な運行管理者資格】
2.整備管理責任者が確保できているか?
  ※5両未満の場合(資格要件は無し)
  ※5両以上の場合は資格を満たす整備管理者が必要
3.運転者が適正な人数確保できているか
 (1)資格要件
  車両に合致する2種免許取得者
 (2)適正な運転者の人数
    1人1車制 ・・・ 運転者数=車両数×1.4
    1人2車制 ・・・ 運転者数=車両数×2.8
    2人3車制 ・・・ 運転者数=車両数×2.1
U.『法令』・・・法令の知識、法令遵守
1.法令遵守は問題ないか?
 申請者(または役員全員)が法令遵守の点で問題ない事。
  @道路運送法、貨物自動車運送事業法、タクシー業務適正化特別措置法の
   違反による輸送施設の使用停止以上の処分または使用制限の処分を申請
   日前2年間に受けていないこと
  A自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律の違反による営業停止
   命令または営業廃止命令の処分を申請日前2年間に受けていないこと
  B道路運送法、貨物自動車運送事業法、タクシー業務適正化特別措置法の
   違反による輸送の安全確保、公衆の利便を阻害する行為の禁止、公共の福
   祉を阻害している事実等の改善命令に対し、改善が完了していること。
  C自らの責に帰する重大事故を申請日前1年間に発生させていないこと。
  D旅客自動車運送事業等報告規則、貨物自動車運送事業報告規則、及び自
   動車事故報告規則に基づく各種報告書の提出を適切に行っていること。
  E特に悪質と思われる道路交通法の違反(無免許、飲酒、過労に起因する事
   故、ひき逃げ等)が申請日前1年間に無いこと。F放置行為、最高速度違反
   行為または過労運転により公安委員会から自動車使用制限命令を申請日
   前1年間に受けていないこと。
V.『施設』・・・施設及び設備関係
1.車両は確保できているか?
 (1)車両の要件
  申請者が使用権原を有するものであること(リース車の場合は契約期間が概ね1年以上)
 (2)車両数   1両以上
2.営業所が確保されているか?
 (1)営業所
  @3年以上継続的に使用する権限があること
  A建築基準法・都市計画法・消防法・農地計画法等に抵触しないこと
  B事業計画を遂行するに足る規模であること
3.車庫が確保されているか?
  @原則として営業所に併設していること
   ※併設できない場合は、当該営業所からの距離が直線で2q以内
  A計画車両の全てを収容出来る車庫(無蓋のみでも構いません)を有すること
  B車庫の前面道路の有効幅員が車両制限令に抵触しないこと
  C他の用途に使用される部分と明確に区画されているものであること
  D3年以上の使用権原を有すること(自動更新であれば3年未満でも可)
  E建築基準法・都市計画法・消防法・農地計画法等に抵触しないこと
  F点検・調整・清掃が実施できる充分な広さがあり測定器具等が備え付けられていること
4.休憩仮眠施設が確保されているか?
  @原則として営業所または車庫に併設していること
   ※併設できない場合は、営業所及び車庫のいずれからも直線で2q以内
  A事業計画を遂行するに足る規模であること
  B他の用途と明確に区画され、運転者が常時使用できるものであること
  C3年以上継続的に使用する権限があること
  D建築基準法・都市計画法・消防法・農地計画法等に抵触しないこと
W.『金』・・・資金計画
1.所要資金の50%以上が自己資金であること
 所要資金
  @車両費 A土地費 B建物費
  C機械器具及び什器備品
  D運転資金(人件費・燃料油脂費・修繕費等)
  E保険料等(保険料・租税公課)
  Fその他(開業費用等)
2.事業開始資金の100%以上が自己資金であること
 事業開始資金
  @車両費 A土地費 B建物費
  C機械器具及び什器備品
  D運転資金(人件費・燃料油脂費・修繕費等)
  E保険料等(保険料・租税公課)
  Fその他(開業費用等)
 
TOP 行政書士古川事務所のTOPへ ご質問・お問合せ
ログカウンター