介護保険サービス事業者の
旅客自動車運送事業許可
(介護タクシー許可)

古川事務所TOP
お問合せはこちら
電話;0463−95−7990
神奈川県伊勢原市

 介護保険サービス事業者が患者等の輸送サービス(介護タクシーケア輸送サービス)を行うためには許可が必要です。
 
 患者等の輸送サービス(介護タクシー・ケア輸送サービス)を行うには、旅客自動車運送事業の許可の取得が必要です。
許可としては一般乗用旅客自動車運送事業(いわゆるタクシー)の許可となりますが、公共の福祉に寄与する事業であるため、通常の許可に比べて要件等が緩和されています。
今後、許可無く患者輸送を行うことは出来なくなってきますので、早めに介護タクシー許可の取得をおすすめします。


※ 情報遅れなどに関しては当事務所では責任を追いかねます。各自の責任でご覧ください。
 最新情報などについては各都道府県の運輸支局にご確認ください。

 
→『旅客自動車運送業許可』はこちら
介護タクシーと法人タクシーの要件との比較
【車両数】 1台より可能
 →法人タクシーは営業区域により10台または5台以上必要です。
【車両】 車両は以下に限定されます。
@車いす・ストレッチャーのためのリフト・スロープ・寝台等の設備を設けた自動車、回転シート・リフトアップシート等の乗降装置を設けた 自動車
Aセダン型等の一般車両 ただし、下記の資格をもつ者が乗務する場合に
 限ります。
 ○介護福祉士・訪問介護員・居宅介護従業者の資格をもつ者
 ○(社)全国乗用自動車連合会等が実施するケア輸送サービス従事者研修
  を終了した者
 →法人タクシーでは特別な制限がありません。通常のセダン型で可能。
【旅客対象】 旅客(乗客)は以下の方及びその付添い人に限定されます。
 @介護保険法の「要介護者」および「要支援者」
 A身体障害者福祉法の「身体障害者」
 B肢体不自由、内部障害(人工透析を受ける者含む)、精神障害、
  知的障害により単独で移動が困難で、公共交通機関の利用が困難な者
 →法人タクシーでは旅客に制限がありません。
【法令試験】 不要
 →法人タクシーは常勤の法人役員が法令試験に合格する必要があります。
  法令試験に合格できない限り許可されません。
【運行管理者】 不要。ただし運行管理責任者を選任します。
5台以上の車両を使用するときは運行管理者の選任が必要です。
 →法人タクシーでは運行管理者の資格をもつ者を選任する必要があります。
  運行管理者の資格を取得するには試験に合格しなければなりません。
【整備管理者】 不要。ただし整備管理責任者を選任します。
5台以上の車両を使用するときは整備管理者の選任が必要です。
 →法人タクシーでは整備管理者の資格をもつ者を選任する必要があります。
  整備管理者の資格としては下記となります。
  @3級整備士以上の有資格者
  A自動車の整備等の2年以上の実務経験+運輸局長が行う研修を終了
【営業区域】 営業区域は都道府県単位であり区域内で営業できます。
 →法人タクシーの場合は営業区域が細分化されています。
 神奈川県内では現在5つの区域に分かれており、指定された区域内でのみ営業できます。
【運賃等】 運賃の設定についてはある程度自由に設定できます。
 →法人タクシーの場合は通常自動認可運賃という標準のものを使用します。
 運賃の設定をかえるためには認可を受けるなど複雑な手続が必要です。
 
→【許可要件のチェックシート】
 
尚、NPO等によるボランティア輸送に関しては条件を満足すればこの許可を受けなくても良い場合があります。(自家用自動車による有償運送の許可)
以下のような法人・団体等がこの対象に想定されています。
 ・特定非営利活動法人(NPO) ・社会福祉法人 ・商工会議所 ・商工会
 ・医療法人 ・公益法人 ・地方公共団体主催のボランティア組織 等

上記に合致しない方(民間法人等)は該当しませんので旅客自動車運送事業の許可を取得する必要があります。

▲このページのTOPへ
仕切り線
TOP 行政書士古川事務所のTOPへ ご質問・お問合せ
仕切り線
ログ