自動車リサイクル法のページへ
『破砕業』許可の要件 TOP
古川事務所のTOP
お問合せ

 自動車リサイクル法において破砕業(自動車破砕業)の許可を受けるためには以下のような要件を満足しなければなりません。 
『破砕業』の申請書・添付書類
許可基準
T.事業の施設および解体業許可申請者の能力が、その事業を的確にかつ継続して
 行うに足りるものとして省令で定める基準に適合するものであること。
U・解体業許可申請者が欠格事由に該当しないこと

※詳細は以下

 
1.事業の施設に係る基準
(1)解体自動車を破砕前処理又は破砕するまでの間保管するための施設
イ.みだりに人が立ち入るのを防止することができる囲いが当該場所の周囲に設
 けられ、かつ範囲が明確な解体自動車を保管する場所を有すること。
 
(2)解体自動車を破砕又は破砕前処理するための施設
@破砕前処理施設
ロ.解体自動車の破砕前処理を行う場合にあっては、廃棄物が飛散し、流出し、
 並びに騒音および振動によって生活環境の保全上支障が生じないように必要な
 措置が講じられた施設を有すること。

A破砕施設
ハ.解体自動車の破砕を行う場合にあっては次のとおりであること。
 (1)解体自動車の破砕を行うための施設が産業廃棄物法に規定する産業廃棄
   物処理施設である場合は、廃棄物処理法第十五条第一項または第十五条の
   二の五第一項の規定による許可を受けている施設であること。
 (2)解体自動車の破砕を行うための施設が産業廃棄物法に規定する産業廃棄
   物処理施設以外である場合は、廃棄物が飛散し、流出し、並びに騒音およ
   び振動によって生活環境の保全上支障が生じないように必要な措置が講じ
   られた施設を有すること。
 ※;廃棄物処理法に規定する処理施設とは・・・
      1日あたりの処理能力が5t以上の施設
 
(3)自動車破砕残さ(シュレッダーダスト)の保管施設
ニ.自動車破砕残さを保管するための十分な容量を有する施設であって、次に掲げ
 る要件を満たすものを有すること。
 (1)汚水の地下浸透を防止するため、床面を鉄筋コンクリートで築造するこ
   と、その他これと同等以上の効果を有する措置が講じられている
 (2)自動車破砕残さの保管に伴い汚水が生じ、かつ当該汚水が事業場から流出
   するおそれがある場合にあっては、当該汚水による公共の水域及び地下水
   の汚染を防止するために十分な処理能力を有する排水処理施設及び排水溝
   が設けられていること。
 (3)雨水等による汚水の事業所からの流出を防止するため、屋根・覆いその他
   自動車破砕残さに雨水がかからないようにするための設備を有すること。
   ただし、公共の水域及び地下水の汚染を防止するために十分な処理能力を
   有する排水処理施設等を設けることその他の措置が講じられることにより
   雨水等による汚水の事業所からの流出防止ができる場合は、この限りでは
   ない。
 (4)自動車破砕残さが飛散又は流出することを防止するため、側壁その他の
   設備を有すること。
 
(3)解体自動車(解体した後に残る廃車ガラ)を保管するための施設
イ.解体を行う場所(解体作業所)以外の場所で使用済自動車又は解体自動車を
 保管する場合にあっては、みだりに人が立ち入るのを防止することができる
 囲いが当該場所の周囲に設けられ、かつ当該場所の範囲が明確であること。
 
(4)圧縮(プレス)またはせん断した後の解体自動車を保管するための施設
イ.みだりに人が立ち入るのを防止することができる囲いが当該場所の周囲に設
 けられ、かつ範囲が明確な解体自動車を保管する場所を有すること。
  
2.破砕業許可申請者の能力に係る基準
イ.次に掲げる事項を記載した標準作業書を常備し、従事者に周知していること。
(1)解体自動車の保管の方法
(2)解体自動車の破砕前処理を行う場合は、解体自動車の破砕前処理の方法
(3)解体自動車の破砕を行う場合は、解体自動車の破砕の方法
(4)排水処理施設の管理の方法(排水処理施設を設置する場合に限る)
(5)解体自動車の破砕を行う場合は、自動車破砕残さの保管の方法
(6)解体自動車の運搬の方法
(7)解体自動車の破砕を行う場合は、自動車破砕残さの運搬の方法
(8)破砕業の用に供する施設の保守点検の方法
(9)火災予防上の措置
ロ.事業計画書又は収支見積書から判断して、解体業を継続できないことが明ら
 かでないこと。
破砕業許可申請者の欠格事由
(欠格事由)
※『解体業』の欠格要件と原則は同じ
   →解体業の欠格要件
back pagetop next
前のページへ このページのTOPへ 次のページへ
仕切り線
TOP 行政書士古川事務所のTOPへ ご質問・お問合せ