車庫証明のページへ
 
当事務所へご依頼の場合
TOP
古川事務所のTOP
お問合せ
次の書類を準備して頂きます。

自動車保管場所証明申請書(4枚複写)
 申請者欄の記名・捺印は最低でもお願いします。
 他について不明な場合は空欄のままでも結構です。(当事務所で記載)
保管場所の使用権限を証する書類
 保管場所使用権原疎明書面(自認書)または保管場所使用承諾証明書(賃貸契約書)
 @申請する場所が自分の所有の場合・・・保管場所使用権原疎明書面(自認書)
  申請者の住所・氏名を記載し、捺印します。
 A申請する場所が賃貸の場合・・・保管場所使用承諾証明書(賃貸契約書)
  土地の所有者または管理者に証明をしてもらいます。
  賃貸の場合は不動産屋さんに問合せれば記載してもらえます。
  (多少費用がかかる場合があります)
  賃貸契約書があるときはこれでも申請できます。
  ただし、契約書の有効期限内であること、土地(駐車場)について契約条項が記載
  されていることが必要です。(建物だけの賃貸契約書では証明書になりません)
保管場所の略図
 保管場所の住所のほか略図等を準備願います。
 申請時には当事務所で駐車場の確認をしますので、場所の確認が出来れば結構です。
 賃貸駐車場など駐車場所がナンバーで明記されているものなどはナンバーをご連絡
 ください。
 
『当事務所への車庫証明の依頼の仕方』
※伊勢原・平塚にお住まいの方は直接お伺いできます。(お電話ください)
 直接必要書類をお持ちできます。
 上記以外の場所でもお伺いできる場合がありますのでお問合せください。
※上記以外の場所にお住まいの方、平日忙しくて電話等の応対で済ませたい方などは
 下記の方法で依頼してください。

1.電話等での申し込み(事前確認)
 下記についてお知らせいただきます
  現住所・保管場所住所・保管場所の使用権限(自己所有または賃貸)
  車庫証明取得の目的(新規取得・住所変更・名義変更)など
2.必要書類の準備
 自動車保管場所証明申請書・保管場所の使用権限を証する書類など
 上記準備していただく書類をご参照ください。
 不明な点については事前に確認してください。
3.必要書類の発送
 用意していただいた書類の発送をして頂きます。
 重要書類ですので普通郵便では発送せず、宅配便等を使用してください。
4.費用のお支払
 原則として業務終了後に精算をお願いいたしますが、着手前に費用全額のお支払を
 お願いする場合があります。
 費用の支払方法・支払時期などについては事前にご確認ください。
5.車庫証明申請および取得
 当事務所にて車庫証明の申請および取得をいたします。
6.費用の精算・車庫証明書等の発送
 申請が受理された旨のお知らせをいたしますので期限までに費用の払込みをお願い
 します。
 車庫証明書については、宅配便等により送付いたします。
▲このページのTOPへ
 
TOP 行政書士古川事務所のTOPへ ご質問・お問合せ
ログ