自動車登録のページへ
業務内容・料金等 必要となる書類 手続の流れ ご依頼方法 ご依頼の際
用意する書類
 
自動車登録手続の流れ
TOP
古川事務所のTOP
お問合せ
1.必要書類の準備
 →別紙参照
 ポイント!
   証明書の有効期限に注意してください。
    住民票・戸籍抄本・登記簿謄本など3ヶ月以内。車庫証明1ヶ月以内
   各証明書の記載住所が車検証と異なる場合、住民票の除票を取得しなければなりません。

2.書類作成
 管轄する自動車登録検査事務所に出向き、必要書類の購入・入手を行い、記載します。
 その場で記載できない書類の場合は、事前に用意しておくことをおすすめします。
  OCR用紙(申請書)は鉛筆で書きます。委任状がある場合は印も不要です。
  手数料納付書に記入し、必要な印紙を貼り付けます。
  自動車税申告書記入に記入します。
 ポイント!
  代理人に依頼されない場合などは印鑑を忘れずに持参

3.申請
 必要書類をまとめ、登録窓口へ提出します。
 1).ナンバー変更のない場合
  登録窓口で書類一式に判子を押して返却される。
  自動車税事務所へ自動車税申告書を提出し、再度登録窓口へ提出。
  車検証完成→終了

 2).ナンバー変更のある場合
  登録窓口で車検証とナンバー交付用紙(緑色)を受領する。
  自動車税事務所へ自動車税申告書とナンバー交付用紙を提出。
  書類返却されたら、現在のナンバープレートをはずす。
  旧ナンバープレートとナンバー交付用紙(緑色)を提出し、新しい
  ナンバープレートを購入。
  新しいナンバープレートを車両に取り付け、エンジンフードを上げて待つ。
  フレーム刻印を確認して、封印してもらい、車検証を受け取る →終了

 ポイント!
  他県からの転入の場合、自動車税が月割りで必要となるので準備しておいてください。
       →月割計算はなくなりました。
  比較的新しい車両の場合自動車取得税が必要となるので準備しておいてください。
  ナンバー変更がある場合、プレート費用が必要となります。
   (神奈川県で普通乗用の場合¥1,440)
  希望ナンバーとするときは事前に予約して作成してもらいます。(1週間程度かかります)
  字光式ナンバーの場合は別に書類が必要です。
▲このページのTOPへ
 
TOP 行政書士古川事務所のTOPへ ご質問・お問合せ
ログ